So-net無料ブログ作成

~五十音からキーワード~【か】:「書く」

「なかよくしてね」

4歳の女の子が、大好きな男の子へ宛てて初めて書いたラブレターは、ぱっと見暗号のようですが、しっかりとした文字で書かれていました。
ラブレターは、バレンタインのチョコに添えて、手渡されました。

このひと月ちょい前までは、「○○○○○○○○○○○○○○○○○○…」と、本人にしか読めない、まるだけの文字を書いて、読んでもらわないと、どんなことが書いてあるのかわからなかったのに、、、。

「気持ちを伝えたい」という原動力は、すごいですね!

これから少し後、「わたしの本とか辞典開いて、ひとりで3時間とかおべんきょうしてたりするよ」と、話しながらママが見せてくれた、少し離れたとこから撮った写真には、多分、両手で抱えないと持てないくらいの辞典を前に、じっくりとにらめっこしている姿が。。

いつの間にか、この姿から1年ちょっとが過ぎましたが、
文字は、こういう形で書くと教わるよりも前に、文字の大切な役割を自ら獲得した力は、どのように飛躍して自らを表現しているのかなあ。。

ふと、あたたかい気持ちで思い返す春となりました。