So-net無料ブログ作成
検索選択

~五十音からキーワード~【す】:「スコア」

一人で出かける演奏会も好きですが、友人も一緒に聴きにいく演奏会では、曲の合間や休憩時間や演奏会の後に、曲や演奏への感想や、気づいたこと、思ったことを話したり意見交換したりする時間は、音楽への新たな発見や気づきへのエッセンス、それと、音楽の魅力を再発見する糧となっていきます。

この日は、現代音楽の演奏会へ。
三味線って楽しいんだねー!と、和楽器の新たな魅力に出会った演奏会でもありました。

この日演奏された、松尾先生の「二胡と二十絃箏」の曲では、許可さんの、空間を包み込むように、表情豊かに流れる二胡の響きと、舞い踊るように奏でられる筝の演奏に、曲が進むにつれて、わくわく引き込まれていきました。
曲を聴いていると、無意識のうちに、「あ、問いと答えだ」「繰り返しだ」。。。と、構成の変化も楽しみながら聴いていることに気づいたりすることも。

しかし、同時に、「あの筝の演奏の部分って、どういう記譜になっているんだろう。。」という好奇心も加わりました。

そこで、会場にいらした松尾先生に、演奏会の後、「先生、楽譜、どう書いてあるんですかー?」と尋ねると、持っていた、この日演奏した曲の楽譜を見せてくださいました。疑問だった演奏部分の譜面の撮影と、ブログ掲載の許可をいただいていたので、ご紹介としました。

***
音楽づくりの中で、仲間と試行錯誤を経験し、みんなと演奏したい曲として自分でつくった音楽を記録する方法を自分で発見してかかれた譜面の写真も、併せてアップしました。

「これはちゃんと楽譜だよ!すごいね!自分で見つけたの?」
そう松尾先生に言われたときの、楽譜を見せてくれた子のうなずいた子は、照れながらも、とても誇らしげな表情に見えました。

縦軸は音の高さ。横軸は時間経過。

「自分でつくりだした音楽の記録の仕方」は、後で、五線や音符といった音楽の話しをきくと、楽譜の理解もより深まることでしょう。
のびやかな感性と、音楽の構造的に気づいた思考は、これからも持ち続けてほしいなあー
***

***
***
IMG_1588 (1).gif

松尾祐孝/CONTRASTRINGS no.3[作曲2013年/初演]
  二胡=許可 二十絃箏=吉村七重















**
scoa2.jpg
「音楽づくり」の発表会に向けて、
小3の子が、自分でつくった楽譜。





共通テーマ:育児