So-net無料ブログ作成
検索選択
発達基礎講座 ブログトップ

≪子どもの発達講座.net 発達基礎講座2017春@仙台≫のご案内 [発達基礎講座]

*この講座は終了しました

テーマ:乳幼児期の発達の魅力をとらえた保育・子育て
     ~子どもたちの「言葉にならない言葉」を受けとめる~

 子どもたちが今、身につけている力は、将来どのような力につながっていくのでしょう。また、発達に弱さや障害のある子どもの場合、発達を支える上でどのような土台作りが重要となるのでしょうか。
 発達とは、すべての人々がその潜在的な可能性を花開かせ、人間的な自由を獲得し夢を実現していく過程。2009年4月に施行された新たな保育所保育指針でも、乳幼児期の発達を受けとめた保育の大切さが提起されました。子どもたちの「これまで」の育ちと、「これから」の姿の大きな見通しを持つことで、現在の保育で大切にしたいことが見えてきます。
 今回は、0歳から6歳の各発達段階で、①「自己信頼性」②「社会性」の形成を援助する保育・療育の方法のエッセンスについて学びます。とくに、(大人にとって)「気になる行動」を通して、子どもたちが何を伝えようとしているかを考えていきましょう。
 子どもたちの保育・教育・療育に携わっておられる専門職の皆様、また、子どもの発達と子育てに関心をお持ちの保護者の皆様のご参加をお待ちしています。

日 時  2017年3月26日(日)10:00~16:00(9:30から受付)
場 所  東北大学 片平さくらホール

定 員 100名(先着順の受付とさせていただきます)
受講料 6,000円(*資料代を含みます)
講 師  田中 氏 (京都大学)

【主 催】 子どもの発達講座ドットネット
【協力機関】 京都大学発達論・発達診断学研究室)

発達基礎講座 ブログトップ